大阪は古くから多くの人が集い、西の都として栄えている大きな街です。 ですから、府内の各所では数多くの祭りが実施されています。 大阪で行われている祭りとしては、例えば、中之島まつりが挙げられます。 この祭りが行われる自治体は、府の西部にある大阪市北区です。 会場は中之島公園となっています。 1973年に開催され始めて以降ずっと、5月の3日から5日までの日程で毎年開催されている大きなお祭りです。 中之島まつりは、開催され始めた当初は中之島公園とその周辺地域の景観を保全する目的として位置づけられました。 公園の再整備や中央公会堂・府立図書館などの歴史的建造物の保存作業が進んだ現在では、都市の広場である中之島公園に集って地域の人々の輪を作り出し、地域を活性化させることを目的とした市民まつりとして捉えられることが多くなっています。 この祭りの特色としては、企画や準備から当日の運営まで全てを手づくりすることにこだわっていることが挙げられます。 オリジナルの大型遊具で遊べる冒険遊具園、歌や踊りが披露されるメインステージ、各種飲食ブースなど、祭りの出し物の全てが、市民の結成した実行委員会によって、力を合わせて作り上げられているのです。

また、府の北部にある吹田市では、吹田まつりが行われています。 1970年に第1回目が開催されました。 以降は毎年7月に市内の各所を会場として、前夜祭と本祭の2日間の日程で開催が続いており、市の夏の風物詩となっています。 前夜祭は、江坂公園と千里南公園、神崎川が会場です。 江坂公園では、ペットボトルを大量に利用して作り上げられたイルミネーション、千里南公園では大盆踊り大会、神崎川ではボートレースの大会などといった催し物が行われます。 本祭は、JR吹田駅の付近一帯を会場として祭りのメインであるパレードが行われ、御輿やブラスバンドなど色々なパフォーマンスを楽しむことが可能です。

そして、府の南部にある岸和田市では、岸和田だんじり祭が開催されています。 1703年に当時の藩主が五穀豊穣を願って開催した稲荷祭がこの祭りの始まりとされており、既に300年近い歴史がある由緒ある祭りなのです。 祭りの内容としては、男性をメインとした曳き手がだんじりを曳いて町中を駆け巡るというもので、かなりの速度が出ているだんじりを方向転換させる、やりまわしが見どころとなっています。 祭りは9月と10月にそれぞれ、試験曳きが1日もしくは2日間、宵宮と本宮が1日ずつの日程で開催されています。

このように大阪のお祭りは、非常にオリジナリティが飛んいて、フレンドリーなものが多いです。これは、大阪人の気質のせいでしょうか。お笑いの街とも言われるようにユーモアのセンスにあふれています。風俗でも同様に、明るい雰囲気で楽しみながら働きたいならやはり、大阪という街は外せないのではないでしょうか。でも、危なそうとか、不安のある方は、インターネットでじっくり求人情報を探してみるのはいかがでしょうか?そのような時は、安心・高待遇の店舗情報がいっぱいの大阪風俗求人情報で探してみてはいかが?